読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

読んで損したけど楽しかった

みなさん、いつもはてなブックマークにコメントをいただき、まことにありがとうございます。返信ができないので、いつもニヨニヨさせて頂いているのですが、今回ばかりは最高のコメントだったので、急遽記事にせざるを得ませんでした。

きんたま - ぐわぐわ団

読んで損したけど楽しかった(^◇^)

2016/12/15 22:04

見た瞬間に震えました。最高にロックなコメントです。なほちゃんさん、ありがとうございます!これですよ、これ!

読んで損したけど楽しかった

ぐわぐわ団の追い求めているのはこれですよ!今まで、自分でも気がつきませんでしたが、この言葉で目が覚めた思いです。別に役に立つ文章を書いているつもりはないのです。楽しく文章を書きたいし、読んでいただいたみなさんに楽しんでもらえたら、それで十分なのです。「きんたま」とiPhoneに発音させて役に立つライフハック!なんてことを言うつもりは毛頭ないのです。現代の科学技術の粋を集めて作られたiPhoneに「Kin Tama」と言わせてニヨニヨしようというだけの、頭のネジがすべて吹き飛んだような、そんな記事で得するわけがありません。でも、楽しんでもらえたなら、それに勝る喜びはありません。ぐわぐわ団を読んで得をするなんてことは天地天命に誓ってございません。ぐわぐわ団を読む時間で、シケ単片手に英単語を覚えるほうが時間の使い方としては有意義です。書いている本人がそう言っているんですから間違いありません。

損とか得とかを超越したところに、本当の楽しさというものがあるのかもしれません。役に立つからとか、将来のためだとか、そういう言葉で子どもは勉強しません。でも、勉強の楽しさ、おもしろさを教えてあげたら、自主的に勉強をしだすのです。大人も一緒で、お金がもらえるから仕事をする、そりゃそうですが、だからといってそんな単純なものでもないんですよね。どこかに楽しさを見つけたり、おもしろさを見つけたりするから続くのであって、一ミリも楽しくない、おもしろくないことなんてのは、いくらお金がもらえるからといっても長続きしません。私自身、たまーにおもしろいことや嬉しいことがあったりするから、なんとか仕事をしているような感じなので、余計にそう思うのでしょうか。

読んで損したけど楽しかった、というコメントで記事をひとつ書いてしまいました。ぐわぐわ団にとっては最高の賛辞でした。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団