ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

夫婦善哉

みなさんは「夫婦善哉」を知っているだろうか!

……「!」を間違えて使うと、初手からわけがわからなくなります。

気を取り直して……夫婦善哉とは大阪・法善寺の横にあるぜんざいのお店で、一人前のぜんざいを2つのお椀で出すことから「夫婦善哉」とよばれています。同名の小説もあり、大阪の名物として有名です。

有名なんですけど、行ったことないんです。まあ、大阪に住んでいる人は通天閣には登らないし、新世界には行かないし、づぼらやでふぐなど食べたことがない、なんてことがほとんどです。郷土愛がないと言えば、ない。そんなゆるさが大阪で住むには必要なことなのです。でも、551の豚まんは徹底的に好きです。特に皮が美味い。

さて、話を夫婦善哉に戻します。一人前のぜんざいを2つのお椀で出すという、実に非効率なことをしていますが、これを許してはいけません。まず、洗い物が倍になります。洗い物を担当する人は、「お椀ひとつでええやん!」と叫んでいることでしょう。ぐわぐわ団は洗い物を担当する人を徹底的に応援したいと思います。そして、洗い物が半分になればエコロジーです。水の量、洗剤の量、半分になります。洗い物を担当する人も半分で済むので、洗い物担当者が二人いるとすれば、一人は職を失うことになります。洗い物を担当する人を徹底的に応援してきたぐわぐわ団としてはほぞを噛む思いです。

この夫婦善哉ですが、サトレストランシステムズが運営しています。和食さと、めしや宮本むなし、活魚廻転寿司にぎり長次郎、そして天丼・天ぷら本舗さん天などのブランドを有する外食チェーン企業です。東証一部に上場しています。だからどうしたという話なのですが、そういうことです。

実は、高校野球大阪大会決勝を見ながら適当に文章を書いているので、いまいち気が気でないまま、文章を書いています。高槻にある公立の大冠高校が大阪桐蔭に1点差でなんとか引き離されないために頑張っているところです。私立と公立の戦いというか、毎日野球漬けの大阪桐蔭が強いのは当たり前なので、ついつい判官びいきで大冠高校を応援しています。

ぶっちゃけ、夫婦善哉どうでもいいんです。どうでもいいんですが、どうでもいいと言い切ってしまうと、この記事がぐっちゃぐちゃになってしまいます。どうしたもんかと思ったところに、8回裏、大阪桐蔭がまたもや打ちまくり、5点差となりました。さすがに大冠の打撃がすごいとはいえ、これはキツイ。もんにょり。とりあえず1,000文字超えましたのでおしまい。合掌。

<追記>結局、10対8で大阪桐蔭が勝ったわけですが、9回表の最後の大冠の粘りはものすごいものがありました。実に素晴らしい試合でした!大冠高校、ええもん見せてもらいました、ありがとう!合掌!!

© 2016 ぐわぐわ団