ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

フィンランドに行くとか何か

私はあまり寝ている時に夢をみたりしないのですが、こないだ疲れていたのか、がっつり夢を見てしまい、寝ながらにして疲れるという矛盾したことになってしまい、実にもんにょりするハメになりました。

ここで、さっそく夢の話を始めようかと思ったのですが、よくよく考えたら、人の見た夢の話というのはどうでもいいというか、聞いていてツラいですし、ほんまにどうでもええねんという感想しか出なかったりするわけです。話をしたいのは重々わかります。しかし、話をするならするで、まずかいつまんで要点を教えて欲しいのです。要点をつかんだうえで、こちらである程度のサジェスチョンを提示しますから、アグリーしたうえで、セカンドオピニオンを求めて頂きたい。タイムはマネーですから。

というわけで、私の見た夢ですが、残念ながらほとんど忘れました。

確か、フィンランドに行くとか何かで、早く家を出ないといけないのに、なぜかもたもたもたもたしてしまい、「飛行機に乗れんじゃないか……」と、横山弁護士のように言わざるを得なかったという夢でした。

横山弁護士が「飛行機に乗れんじゃないか……」と言ったか、言わなかったか、どちらかはっきりしなければいけないのであれば、言わなかったに軍配が上がると思いますが、そんなのどっちでもいいです。横山弁護士は「自動車に乗れんじゃないか!」と言われましたが、その一言でぐわぐわ団の記憶に残ることになったのです。

私も、将来寿命が尽きるまでに、一言でいいので「自動車に乗れんじゃないか!」クラスの発言をして、未来永劫語り継がれたいと思っています。そのコトバがどんな言葉なのか、今ははっきりしませんし、思いつきもしないのですが、将来自分が上に立つ人間になった時に、部下に対して「自動車に乗れんじゃないか!」という感じで話をして、じんわりとしたいと思います。

さて、フィンランドに行く夢なのですが、よくよく考えたら私はパスポートを持っていません。パスポートとは何かと言いますと、

パスポート(英: Passport)または旅券(りょけん)とは、政府ないしそれに相当する公的機関が交付し、国外に渡航する者に、国籍及びその他身分に関する事項に証明を与え、外国官庁に保護を依頼する公文書である。

このようにWikipediaには書かれており、簡単に言うと「こいつは日本人やからたのんまっせ!」ということです。つまり、パスポートを持っていないということは、パスポーターにはなれないということなのです。残念でした。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団