ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

会議は3種類の会議があります

ビジネス書でよく書かれていることですが、会議には3種類の会議があります。

ひとつは、情報伝達のための会議。全員に同じ情報を共有させるための会議です。ひとりひとりに情報を伝えていては効率が悪い場合に、全員を集合させて情報を共有しようとするもので、朝礼などがこの会議にあたります。

ふたつめは、何かを作るための会議。お互いの意見を持ち寄り、新しいアイデアを出し合ったり、業務の効率化や改善を図っていくための会議です。建設的な意見が求められ、できない、ムリだといった意見が出てくると、途端にグズグズになるので注意が必要です。

これらの会議は全く性質が異なるものであり、これらを混同してしまうと、情報を伝えればよい会議なのに広く意見を求めてグズグズになったり、何かを作るべき会議で一人だけ発言して他の誰も何も言えなくなってグズグズになったりします。会議の目的をしっかりと見極めて、どうすれば効率的な会議となるのかを考えなければいけません。つまり、会議を開く責任者の力量が問われるのです。

もちろん、ぐわぐわ団は意識高いビジネスマン向けサイトではありませんので、こんな情報伝達のための会議だとか、何かを作るための会議だとか、そんなことはどうでもいいのです。ぐわぐわ団にとって大切な会議というのは「もんにょり会議」です。別名「会議のための会議」とも言います。

「これから会議をしようと思うが、どういう会議をすればいいのかを考えるために会議を開こう!」

これこそが「もんにょり会議」です。この会議は会社組織であればトップでなければ開催することができません。ナンバー2、ナンバー3の取締役であっても、もんにょり会議をすることの無意味さを考えると、おいそれと開催することはできないのです。しかし、トップは違います。純粋に会議がしたいと思えば、会議を開くことができます。会議のための会議を開くことも可能なのです。

トップが直々に開催する会議ですから、それはもう大変なことです。組織ぐるみでトップのために資料を作成したり、スケジュールを調整したり、場所を用意したり、もうてんやわんやです。なんだかんだでようやく会議日程が決まり、いざ!という時になって、トップが急に接待ゴルフでどっかに行ってしまうのです。

「会議は頼んでおくよ!」

という呪いの言葉を残して、トップは去っていきます。もはや、何のための会議だったかもわからず、ただ膨大な資料を目の前に、会議に参加する人たちは呆然とするのです。

ここまで至高のもんにょり会議というのは珍しいですが、似たような会議はそこらじゅうで開催されているのです。素晴らしいことです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団