読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ミルクレープはエロい

どこかの大臣がブチギレて問題になっていましたが、もはや大臣は長州力に任せるしかないのではないかと思います。とはいえ、1995年に山崎一夫の処遇を巡って、Uインターのトップ・高田延彦と電話で言い争いになり、長州力がブチギレて、勢いで東京ドームを抑えて、伝説となった10.9(じゅってんきゅう)激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争が開催されたことを考えると、キレるのは悪いことではないのです。高田延彦との電話会談が和やかに行われていれば、武藤敬司の足4の字固めがクローズアップされることもなかったのです。あの試合以降、武藤敬司の必殺技はラウンディング・ボディープレスから、足4の字固めになりました。膝を壊していた武藤敬司にとって、渡りに船とはこのことだったのではないでしょうか。

ほとんどの人がぽかーんとしていると思います。私も記憶を頼りに適当に書き殴っているだけなので、適当に聞き流してください。膝を壊しているはずの武藤敬司の必殺技がなぜ足4の字固めなのか、よくよく考えるとわけがわからないのですが、その後、武藤敬司の必殺技がシャイニング・ウィザードという、飛び膝蹴りの一種になりました。膝を壊しているはずの武藤敬司が、ついに膝を相手に叩きつけるという無茶をすることとなり、本当に膝は大丈夫なのかと心配になった当時の事を、今も思い出します。

長州力が大臣になり、電話会談で決裂でもしようもんなら、即、東京ドームを抑えられて全面対抗戦に突入するのです。それはそれで面白そうなので、ぜひ大臣への就任を期待したいと思います。

話がどっちらけになっていますが、今日の話題はミルクレープです。ミル・マスカラスではありません。ところで、ミルクレープってどこで分けるのが正しいのでしょう。ミル・クレープでしょうか、ミルク・レープなのでしょうか。ミルククリームを挟んでいることから、ミルク・レープの可能性も否定はできません。ドンキホーテがドンキ・ホーテではなく、ドン・キホーテなのと同じぐらいにどうでもいい話でした。沖縄には「どん亭」という牛丼チェーン店がありますので、沖縄に行かれた際にはぜひお立ち寄りください。

それはそうと、ミルクレープです。ぺろーんと一枚ずつめくっていくのが楽しくてエロいのです。

そんな食べ方は邪道だ!と言われるかも知れませんが、邪道は大仁田厚だけで十分です。よろしくお願いします。今回はプロレス知らない人には何がなんだかでしたね。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団