読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

【必携】ぐわぐわ団が適当に決めるベスト・ドカベン10選

まずは謝罪から。タイトル詐欺です。ドカベンの話など書こうにも書けません。10選って書いてますけど、何を10も選べというのでしょう。【必携】なんて書いてますが、これもさっぱり意味がわかりません。日曜日の午後、阪神vs広島戦を見ながら、とりあえず何か書こうかと思って、ネタ帳開いたら「ドカベン」って書いてあるので、なんとなく思いつきでタイトルを書き殴って、思いつくままキーボードを叩いているのです。

日曜日の午後、大阪場所は怪我をした稀勢の里の劇的な優勝で幕を閉じ、高校野球も知らないうちに大阪桐蔭が優勝、そしてプロ野球が開幕。スポーツの春です。

サッカーと違って、試合の流れに緩急があるぶん、野球はのんびりと見ることができるので好きなのです。ずーっと集中して見るのは疲れますからね、なんだかんだと「間」のあるスポーツがよいのです。相撲なんて、対戦時間は下手すりゃ数秒ですが、立会いの時間のまったりとした「間」が、実によいのです。

世の中、なんでもかんでも改革だ効率化だと言われていますが、相撲を効率化して、立会いの時間をなくしてしまえばどうなるでしょう。幕下の力士から横綱までとにかく順番に並べて、ぽんぽこぽんぽこ対戦させるのです。塩を撒くのも経費削減でなしにして、水を飲んだり、タオルで身体を拭いたりするのも禁止、とにかくぽんぽこぽんぽこ対戦させるのです。午後から対戦が始まって、ぽんぽこぽんぽこ対戦させたら、1時間ぐらいで終わってしまうのではないでしょうか。

そして、午後6時までの時間が空きますから、効率化で力士によるカラオケ大会を開催するのです。そうなりゃ勢の独壇場です。

果たして、このような効率化が世の中を良くするのでしょうか。やはり、相撲にはまったりとした立会いの時間が必要なのです。塩を撒くことも、いくら経費を削減する必要があるとしても、土俵を清めるという意味で必要な儀式です。リセッシュやファブリーズをぷしゅ〜とするのも、なんとなく違います。そりゃあ、土俵は綺麗になるかもしれませんよ、除菌されていい感じになるかもしれません。イヤな臭いもなくなります。でも、塩の代わりに除菌スプレーを土俵にかけるのは間違いです。

 ……間違いなのでしょうか。だんだんわからなくなりました。塩を撒いても、除菌にはなりませんし、臭いも消えません。清めるという意味から考えると、リセッシュやファブリーズをぷしゅ〜とするほうが、土俵には良いのではないでしょうか。頑張りましょう。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団