ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

フランスのセブンイレブン

毎日と言っていいほどお世話になっているのがコンビニ、セブンイレブン。もし、私がフランスに行くことになったとしても、セブンイレブンが近くにないと生活が成り立たないのではないかと思うのです。それぐらいにセブンイレブンに依存している。セブンプレミアムこそ至高。昔はダイエーのキャプテンクックだったというのに、えらい変わりようです。というわけで、今日はフランスのセブンイレブンのお話。

フランスに行った時のことを、昨日のことのように思い出します。パリのセーヌ川のほとりのカフェで読書をしたり、エッフェル塔の近くのライブハウスでボサノバを聴いたり、フランスパンを買いにバスに乗って蒲生四丁目まで行ってみたり。

……実は生まれてこのかた、パスポートを取ったこともなければ、国外に出たこともないのです。ほとんどの人が留学に行ってしまい、4年で卒業するなんてありえないわ!みたいな学校に行っていたにもかかわらず、外国人教師の授業をするりとくぐり抜けて、なぜか授業中に恋愛相談を受け付ける日本人の先生の英語の授業で単位を取得して卒業の要件を満たしてしまった挙句、英語はおろか、いわゆる外国語アレルギーを発症し、日本語すら不自由になってしまった私が、あろうことかフランスなんかに行けるわけがないのです。エールフランスをエアーフランスとよんでしまうほどです。だいたい、フランスに行くLCCがない。あったとしても十数時間もの間をLCCの機内で過ごすなどと地獄じゃないでしょうか。そういうわけで、フランスに行った時のことを、昨日のことのように思い出すことはできるのですが、前提条件であるフランスに行ったという事実がないだけなのです。よくわかりませんね。

フランス語でセブンイレブンをどう発音するのか、だけが気になっていたのです。グーグル翻訳で翻訳させて、喋らせてみたらよいとわかり、いそいそとチャレンジしてみました。私の見立てでは「せぼーん、いれぼーん」と尻上がりに鼻から息を抜きながら「ぼーん、ぼーん」と韻を踏むような感じで発音するんだろうと勝手に思っていたのですが、別にそんなことはなく「せべいれべー」と言うだけでした。

面白くないので、フランスに行って、フランシス・ベーコンに「セブンイレブンと言え!」と無茶振りをするべく、LCCのピーチに関空とパリのシャルル・ド・ゴール空港を結ぶ路線を就航させたうえで、フランスに飛ぶ計画は白紙となりました。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団