読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ゲティスバーグ演説

ハンバーグではありません。ゲティスバーグです。第16代アメリカ大統領、エイブラハム・リンカーンがゲティスバーグで有名な演説をしたのです。

of the people, by the people, for the people,

人民の、人民による、人民のための政治。先日、リンカーンの背後霊インタビューを行ったのですが、本当はもっといろいろと言うつもりだったらしいのです。ただ、ごちゃごちゃするのでやんぴにしたそうです。

"of the people, by the people, for the people, over the people, under the people, out of the people, around the people, near the people, among the people, beyond the people,between the people, in front of the people, up the people, with the people,"

ざっとこのぐらい言いたかったそうなのです。めんどくさいのですが、日本語に訳してみましょう。

人民の、人民による、人民のための、人民を上の、人民の下の、人民の外の、人民の周りの、人民の近くの、人民の中の、人民を超えた、人民の間の、人民の前の、人民の上の、人民と一緒の政治。"over"と"up"の差が日本語訳にしづらかったので、適当にどちらも人民の上のと訳しましたが、だからといってどうということはありません。

もし、ゲティスバーグ演説がこの草稿のとおりに行われていたとしたら、今の世界は全く違っていたものになっていたかもしれません。そもそもこの演説は、リンカーンが小声でしょぼしょぼと話し始め、しかもめっちょこ短い演説であったことから、近くにいた記者が書き留めていなければ、世に広まることもなかったという逸話が残されています。もし、さきほどの草稿のままの演説を行っていたとすれば、途中で記者があほらしくなってしまい、書き留めるのをやめてしまった可能性が十二分にあるのです。

物事には限度があるということがよくわかるエピソードとなっています。

この演説により、第16代アメリカ大統領、エイブラハム・リンカーンの名が知れ渡り、南海高野線、なんば〜橋本間を結ぶ特急「りんかん」がリンカーンから名付けられたのは有名な話です。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団