読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

社会人向け家庭教師

ぐわぐわ団の記事はだいたい1,000文字を目安にしているのですが、毎回毎回1,000文字書くのも大変だし、もうちょっと気楽に小ネタを挟みたい時もあるので、新しいカテゴリー「小ネタの話題」を作り、1,000文字にはならないけれど、ちょっと楽しかったり、愉快だったりする話を書けるようにしました。だからどうしたと言われても困ります。

それはそうと、ポストにチラシが入っていたのです。「社会人、または学生の方へ 家庭教師致します」と書かれています。社会人に家庭教師?と思ったのですが、どうやら本気らしいのです。チラシには「一般社会人の方 日本文学、又は英米文学」と書いてあります。仕事をしながら、日本文学や英米文学を家庭教師を雇ってまで学びたいという、たぶんびっくりするほどニッチなニーズに応えようとしています。もちろん、小学生から大学生まで勉強を教えるという文言も書いてあるので、社会人で日本文学や英米文学を学びたい人のためだけのチラシでもないのですが、とにかく社会人に向けてアピールしていることのインパクトが大きすぎて、どうしたもんだと思ったのです。

一体何を教えてくれるんだろう。想像するとわくわくしないこともないのですが、谷崎潤一郎のエロスびんびん小説をクソ真面目に教えてくれるのか、それともヘミングウェイの小説を原文から教えてくれるのか。巨泉の使える英会話ですら許容範囲を超えていた英語苦手人間の私にとって、ヘミングウェイの小説を英語で読むとか、想像しただけで拒絶反応が出てきそうです。そんな私にも、ヘミングウェイをピシッっと教えてくれるのでしょうか。謎です。

このチラシ、連絡先は携帯電話だし、名前も苗字しか書いていません。

ただし、

(東京大学卒)

と書いてあります。先生に関しては、苗字と携帯電話の番号と東大卒という情報しかありません。なんだろう、やっぱりちょっとどころか、かなりもんにょりします。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団