ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

麦チョコをつくる & エスパー魔美の高畑さん

科学技術振興機構の作った「THE MAKING」という動画がとっても大好きだったりします。その中でも「チョコレートができるまで」は必見です。8分37秒からの「麦チョコをつくる」だけでも、ぜひご覧ください。


THE MAKING (289)チョコレートができるまで

麦を圧力釜に入れて、釜を回転させながら加熱していって、15分ほどしたらふたをあけるのですが、あまりにも衝撃映像です。大爆発します。ご丁寧にスロー再生までしてくれます。何度見ても最高です。

「THE MAKING」なんですが、どれもこれも見てたらいくら時間があってもたりないぐらいに楽しいです。モノづくりの楽しさがビンビンに伝わってきます。

それはそうと、なぜかエスパー魔美に出てくる高畑さんの絵を描いてしまいました。

高畑さん、魔美のことをなぜか「マミくん!」と、くん付けでよぶのがツボにはまってしまって大変なのです。実に素晴らしい。

女性に対して、くん付けでよぶなんてのは、そりゃあもう中学生男子にしてみたら高等テクニックですよ。「マミちゃん」では馴れ馴れしすぎる、「マミさん」では年上に対しての呼び方みたい、「マミ」と呼び捨てにするほど恋が進んでいるわけでもない。ヤンキーであれば「苗字呼び捨て」というワザがありますし、それ以外であれば「苗字+さん」で、そこそこ無難にやり過ごせます。ていうか、「苗字+さん」以外の選択肢などあり得ないのが中学生男子というものです。

とはいえ、エスパー魔美の苗字は「佐倉」です。「さくらさん」なんて呼んだら、ちびまる子ちゃんとかぶりますからね。そんな事情も考慮してか、高畑さんはミラクルぶちかまして「マミくん」なのです。対等なところをアッピールしつつ、他の男子とは違う親密感もアッピールできる、実にぎゅんぎゅんな呼び方なのです。

みなさんも、好きな女性に対して、くん付けでよぶことで恋がテレポーテーションするかもしれませんよ。いしのなかにいる。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団