読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

『はじめての確定拠出年金』を読みました

日頃からお得な情報をみなさまにご提供しているぐわぐわ団ですが、今回は特にお得な情報をみなさまにご提供致します。親指が切れたように見える手品のネタを大公開!ぐらいのお得ネタです。

今回、ご紹介するのは「個人型確定拠出年金(iDeCo)」です。ぶっちゃけ、なんとなく話題になってきているので、『はじめての確定拠出年金』という本を買って読んだだけなんですけどね。

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

 

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」って何?という方に簡単に説明すると、老後のためのお金を貯めるなら、税金を安くしてあげるよ〜という制度です。例えば、年収700万円前後の公務員が144,000円積み立てすると、28,800円税金が安くなります。逆に言うと115,200円で144,000円を積み立てできるみたいな感じ。逆に言うとお得さが増したような気がします。

この積み立てたお金は自分で運用します。このあたりの話はややこしいので、本とかネットでご確認ください。投資信託でもって、国債やら、株式やらで運用するのです。増えるかもしれないし、減るかもしれないけど、決めるのは自分ね、ということです。減るのがイヤなら元本保証型のもので運用すればいいのですが、せっかくなら運用費用の安い株式運用の投資信託にでもしておけばいいのではないでしょうか。運用期間中は非課税だし。

そんでもって、増やしたお金をもらう時は、退職所得控除を使いましょうという話です。個人型確定拠出年金は受給時に課税されるので有利ではないと言う人もいますが、退職所得控除はそこそこ金額が大きいので、やっぱり個人型確定拠出年金はお得だという話です。

というわけで、柄にもなくお得情報を書いたので、知恵熱が出まくっています。この個人型確定拠出年金ですが、お得なわりにはいろいろと税金やら、運用やら、複雑なところがあって、めんどくさいからいいやってなりそうな感じ。ふるさと納税みたいなもんで、使う人はお得に使っているけど、めんどくさいからいいやってなる人も多いのではないでしょうか。ちなみに、私はふるさと納税はめんどうなので使っていません。

この個人型確定拠出年金ですが、愛称はイデコ(iDeCo)です。「ねえ、イデコしてる?」「えー、まだなの〜、チョベリバ〜!」みたいな会話が世の中を席巻するようになるのでしょうか。チョベリバが何かわからないナウなヤングは検索するように。合掌。

www.dcnenkin.jp

© 2016 ぐわぐわ団