ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ダークウェブにもぐわぐわ団がいるかもしれないしいないかもしれない

Netscape Navigatorに代表されるウェブブラウザで見ることができるサイトだけが、インターネットの世界だと思っていたら、大きな間違いのようです。ネスケで見ることができるサイト群の奥底に、特殊なブラウザを使わないと見ることができないダークウェブという世界が広がっているんだとか。何だか中二病みたいなことを言い出したと思われるかもしれませんが、私自身も中二病みたいだなぁと思って書いているので、気持ちはひとつです。頑張りましょう。

さて、このダークウェブですが、NHKのニュースでダークウェブが!大問題!みたいに報道していたので、ほほう、そういうものがあるのかと感心していたのです。このダークウェブの最大の特徴が、足跡をぐちゃぐちゃっと消しながら移動できるので、後を追ったりするのがめっちょこ難しいことなんだとか。足跡って聞くと、懐かしのmixiを思い出します。つまり、逆mixiがダークウェブ!というわけでもないと思うのですが、間違ってもいないと思います。

そんな逆mixiことダークウェブがなぜ大問題かと言いますと、足跡が残らない……というと語弊があるので、足跡をぐちゃぐちゃっと消しながら移動するという表現をあえてさきほど使わせて頂いたのですが、全く足跡が残らないわけじゃない理由は、頑張れば追跡できなくもないっぽいからです。とはいえ、誰がアクセスしているのかを調べるのは大変なんですよね、だから悪いことを考えるひとがたくさん集まってくるのです。

例えば、この前『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン』を観に行ったことは書きましたが、プリキュアの映画には入場者プレゼントというものがあるんですよ。今回はキラキラ招待状シールとミラクルモフルンライトなんですが、もらえるのは中学生以下の子に限られるんです。ぐわぐわ団では年齢不詳で通していますが、ぶっちゃけ私は中学生以下ではありません。だから、もらえないんですよ。あくまでも子どものためのプレゼントなのです。大人が手に入れるには、子どもから略奪するより方法がないのです。そんな非道なことが許されるはずありません。

でも、たぶんダークウェブでは密売されているのです。そういう世界なのです。覚せい剤や拳銃が売買されているぐらいはかわいいもんですが、ミラクルモフルンライトの売買には憤りを感じます。あれは子どもの夢の結晶で、ダークウェブでやり取りするものでは断じてないのです。

私だって本当はミラクルモフルンライトを振り回して、プリキュアを応援したいんだけど、大人だから我慢しているんだ!と、声を大にして言いたい。

……映画館限定発売ミラクルモフルンライトspecialという、劇中でも大活躍するキーアイテムのミラクルライト豪華版が626円で売っているので、大人はこちらを買えばいいようです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団