読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ついに天王寺にコミックレンタルが!

阿倍野周辺の話題

今回は思いっきり地域情報です。大阪・天王寺周辺にお住まいの方限定の記事となりますので、あらかじめご了承ください。

TSUTAYAあべの橋店で念願の「コミックレンタル」が始まりました。

2泊なら1冊100円、7泊150円。10冊まとめて借りると7泊1,000円。買うよりは断然安い。読んでみたいけれど、買ってしまうと場所を取るし、ネットカフェで読むのもなんだかわざわざ感があるし、おふとんで寝っ転がりながら漫画を読みたいというニーズに合うのがコミックレンタルなのです。

電子書籍も積極的に活用してはいるんですよ。でも、漫画に関しては、やっぱり本のほうが読みやすいかなと思ってたりします。Kindle Paperwhiteは本に近くて、目にも優しいので電子書籍を読むには最高なんですが、やっぱり紙が恋しくなるというか……

昔は貸本屋さんというのがあって、水木しげるの『墓場鬼太郎』は貸本でしか読めなかったため取り合いになったもんですが、世の中の流れか、じわじわと貸本屋さんがなくなり、漫画を読むのが大変になってきたのです。図書館で借りるにしても『はだしのゲン』ぐらいしか漫画はないし、わずかなお小遣いを貯めて週刊誌を買ったり、お年玉を叩いて単行本を買ったりして、お金がモノを言う社会の仕組みを学んだものです。たくさん漫画が読みたいけれど、まずはお金と相談してからという世知辛さ。

そんな時代を経験したからこそ、今の「コミックレンタル」が始まったことが素直に嬉しいし、おうちのおふとんで寝っ転がりながら漫画を堪能できるのが嬉しいのです。しかも、レンタル料は100円です。

水木しげるや白土三平の漫画もどこかどろどろしていますが、そもそも貸本漫画とは何かしらどこかへんてこでどろどろとしていて、実に楽しいものでした。コミックレンタルと貸本はどこかが根本的に違う気もするのですが、漫画を楽しむという部分は同じです。積極的に利用したいなと思います。

いったい、私はいくつなんだろう。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団