ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

我が家に貼られているおふだ

我が家の小壁には、おふだが貼ってあります。鴨居の上の部分だから、たぶん小壁で合っていると思うのですが、建築用語はちんぷんかんぷんなので、適当に言いました。

赤いおふだです。毎年、新しく貼ることにしていますが、このおふだを貼ってからというもの、悪いことが起きていません。魔除けとして素晴らしい効果があるようです。

何が書かれてあるかといいますと、「明治神宮 献上銘菓」と書かれています。文字の上には菊の御紋があしらわれており、ありがたさMAXです。

このおふだは「薩摩菓子所・富久屋」で買うことができます。おまけとして、鹿児島のお菓子かるかん饅頭が付いてきますよ。

と、わけのわからんことを書いていますが……

毎年、近鉄百貨店の九州物産展で富久屋のかるかんを買います。そして、中に入っているおふだを小壁に貼るのです。もう、5枚もたまってしまいました。美味しいんです、富久屋のかるかん。さすが、明治神宮の献上銘菓だけのことはあるのです。

なんだかおふだっぽいし、菊の御紋もあるから貼っておこうと言い出したのがきっかけで、なんだかよくわからないまま、金閣寺のおふだ、安倍清明神社のおふだ、そして水木しげる先生のサイン色紙と並んで、献上銘菓のおふだが5枚、うちの小壁に貼られています。まさか、安倍晴明も、同列に献上銘菓が並んでいるとは思いますまい。ちなみに、水木しげる先生は神様みたいなもんです。

この献上銘菓のおふだ、最初のうちはかなり赤色が濃いんですが、年数が経つごとに赤色が薄くなってきています。よく工事現場の看板なんかで赤色が抜けてくることがありますが、たぶん同じなんだろうなと思います。赤色というのは抜けるのです。気を付けましょう。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団