ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

眼鏡のゆがみが身体をむしばむ

どうにもこうにも左目が痛いのです。ぎょんぎょんに目が乾くというか、針を刺されたような痛みというか、これはもう私の守り神様が「働くな!」と言っているのに違いないのです。ていうか、私の守り神様はいつも「働くな!」と言ってくるし、「なまけましょう」「べよべよしましょう」「生きてるだけで丸もうけ」と呟いてくるので、単にナマケモノの霊なのかもしれません。

とはいえ、左目が痛いのは事実。どうにもこうにもなりません。そんな時、私の場合はまず眼科ではなく、とある眼鏡屋さんに行きます。ちなみに、私は普段ずっと眼鏡をかけています。

以前、ずっと酔ったような感じで、なんとも不快な感じが続くことがあって、こりゃまたどうしたこっちゃと思いつつ、私の守り神様は「働くな!」とは言うものの、どうしたら治るのかはちっとも教えてくれないナマケモノの霊だし、どうにもこうにも煮詰まった時にふとしたきっかけで出会ったのが、とある眼鏡屋さん。

「あー、眼鏡がズレてる……」

きっちりと眼鏡を調整してもらったところ、不快感はピシッと治ってしまいました。頭痛が続いて困った時も、なんだかんだで原因が眼鏡だったこともあります。

というわけで、今回も左目の痛みはもしかしたら眼鏡の調子が悪いからかな?と思ったんですよ。眼鏡をかけたまま寝ちゃったりしてましたから、見た目には何ともなっていなくても、微妙にゆがんでいるなんてことも多いのです。

で、行ってみたところ、案の定ゆがんでいました。「眼鏡はゆがむのはすぐやけど、直すのは難しいんだよね〜」ペンチみたいなので挟んで、きゅっきゅと修理。眼鏡をはずすときに、片手ではずすのもゆがむ原因なんだとか。できるなら、両手で扱ったほうがよいそうです。今回の左目の痛み、眼鏡を直してもらったら、おさまってしまいました。もしかしたらプラシーボ効果なのかもしれませんが、私にとっては効果あるんですよね、眼鏡の調整が。

なんだか目の調子が悪いとか、頭が痛いとか、不快感が続くとか、でも病院で検査してもいまいち原因がはっきりしないという眼鏡の人は、ぜひ一度眼鏡を疑ってみてください。眼鏡をきっちり扱っている眼鏡屋さんであれば、ゆがみを直してくれるかと思います。そんなにお金がかかる話でもないので、ぜひぜひ。あと、信頼できる眼鏡屋さんを探しておくことも忘れずに、ですよ。

© 2016 ぐわぐわ団