読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ぐわぐわ団によるアンガーマネジメント教室

みなさんは「アンガーマネジメント」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。聞いたことがない?どういうこっちゃ!アンガーやぞ!アンガー!フンガー!アンガーをマネジメントするんじゃ、コラ!ちゃあっそ!

……液体窒素並みに沸点が低いので、ちょっとしたことで怒ってしまいますが、お気になさらぬよう、よろしくお願いいたします。本日は「アンガーマネジメント教室」ということで、お集まり頂きまして、まことにありがとうございます。ていうか、思ったよりも、参加者少ないんとちゃうか!どういうこっちゃ!ちゃんと広告打ったんやろうな!主催者、なめとったらあかんぞ!こんなん立ち見もおらんとやる気失せるやろが!アンガー!フンガー!ちゃあっそ、コラ!

……さて、怒りというものは、どのようなものか。怒りとは、他人に対する興味や関心の裏返しと取ることができます。興味のない人に対して、怒りは発生しません。相手に対して、興味や関心があるからこそ、怒りというのは発生するのです。ほんまか!この文章書いたん誰や!こんなつまらん定義から入ったら、聞いてる人全員寝てしまうやないかい!アンガー!フンガー!ちゃあっしまくるぞ、コラァ!

……興味や関心のある相手に対して接点を持つ手段というのは、ふたつあります。怒ることと褒めることです。何事にも陰と陽がございまして、陰の手段が怒ること、陽の手段が褒めることにあたります。褒めるのは自分自身のエネルギーが必要となりますが、怒るのは相手に対してエネルギーを消費させるのです。ここまではよろしいでしょうか。寝とったらあかんぞ!ワレェ!ワシの話はそんなに眠たいんか!性根叩き直したる!表に出え!体育館の裏でびっしびしのばっきばきにしたろか!元ヤンキーの怖さ、思い知らせたろか!アンガー!フンガー!ぐわっちゃあ!

……つまり、怒ることと褒めることは表裏一体なわけです。怒るということは、褒めるということであり、褒めるということは、怒るということに他なりません。他なるわ!アンガー!フンガー!

わけがわからなくなったので、このへんでおしまいにします。怒るのはしんどいからやめといたほうがよいと思います。

(C) 2016 ぐわぐわ団