読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

映画の夏

今週のお題

今週のお題「映画の夏」

映画の夏と言われると、金鳥の夏とつなげたくなります。

 

蚊に刺されるのだけは、人間として長いこと生きていますが、いまだに大嫌いです。金鳥も蚊取り線香を作るなんて中途半端なことをせず、全世界から蚊を絶滅させるような秘密兵器を開発するべきでしょう、オキシジェンデストロイヤーみたいなのを。

それはそうと、今週のお題は「映画の夏」です。夏にオススメの映画を紹介してくださいということですので、紹介させていただきます。

 

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]

 

 

映画版「タイヨウのうた」です。今、Amazonプライムビデオで観ることができますので、プライム会員の方は有無を言わさず、ぜひご覧いただければと思います。

今までも何度かこの映画を紹介する文章を書いているのですが、私の文章力ではちっとも映画の良さを伝えられないので、もんにょりするんです。というのも、あらすじとかを説明しようとするからでしょうね。そういうのはGoogle様に任せて、なぜこの映画が良い映画なのかを説明したほうがよさそう。

……と、ここまで死ぬ気で書いたんですが、やっぱりどうにもこうにも筆が進まない。このブログ、筆で書いているのかとしょうもないツッコミを入れて上げ底、水増し、粉飾したくなる気持ちもご理解頂きたい。苦し紛れに冒頭で金鳥の夏なんてボケを入れたのも筆が進まないからです。「タイヨウのうた」はとても良い映画です。それはもうめちょんこ保証します。少女漫画好きなら、がっつり楽しめます。りぼんマスコットコミックスのコレクターだった過去をさらけ出して保証します。

でも、なぜか「ぜひ見てください」以上の言葉が出てこない。これこそが、文章書きとして「知力の限界」なのかもしれません。

gwgw.hatenablog.com

 

紹介する映画を変えます。

ぐわぐわ団が夏にオススメする映画は「ホテトル嬢 悦楽とろけ乳」です。成人映画なので、リンクを張ることもままなりませんが、興味のある方は検索してもらえればDMM.comなりにたどり着くことでしょう。引退されてしまいましたが、主演の周防ゆきこさん、とてもかわいらしくてお綺麗な方です。

ファミリー映画とは家族向けの映画のことです。ならば、成人映画とは成人向けの映画ということで、それこそ20年以上生きてきた生きとし生けるもの全ての人たちに向けて作られた映画という括りになります。「悦楽とろけ乳」、聞いただけでありがたいではありませんか。仕事で嫌なことがあってクサクサしてても「悦楽とろけ乳」と聞いただけでどうでもよくなるではありませんか。人生に絶望してても「悦楽とろけ乳」と聴いただけで生きる希望が湧いてくるではありませんか。これは成人どころか、聖人君子向けの映画ですよ。聖人映画なんて括りがあるなら「悦楽とろけ乳」こそ、聖人映画です。この世を救う「悦楽とろけ乳」。

「悦楽とろけ乳」の話に切り替えたとたん、じゃんじゃか筆が進みまくって、えらいことになりました。申し訳ありません、ぐわぐわ団ってこういうブログなんです。

(C) 2016 ぐわぐわ団