ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ゲシュタルト崩壊の後に

何だかネーミングだけはおどろおどろしい「ゲシュタルト崩壊」。

知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態)から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象。

わかりやすく言うと、じーっと文字を見ていると、だんだんわけがわからなくなる現象のことです。例えば、この画像をご覧ください。

「カレーパン」と書いてあります。カレーの入ったパンのことです。今日、お医者さんで血液検査をしてもらうために採血に行った帰り道に買ってきました。ファミリーマートのPB商品で、製造元は山崎製パンです。何てことはない、普通のカレーパンです。間違いなく美味しいです。美味しくないカレーパンなんて、あんまり聞いたことも見たこともありません。だいたい、カレーパンというのは美味しいのです。

まぁ、いろいろなことが思い浮かんでくるのですが、そんなことは放っておいて、とにかく「カレーパン」という文字をじーっと見つめ続けるのです。そうすると、何だか「カ」「レ」「ー」「ハ」「○」「ン」みたいな感じで、文字がぐわんぐわんしてきます。これこそがゲシュタルト崩壊です。

ゲシュタルト崩壊を起こした後、どういうことが起きるかが今回のテーマです。とりあえず、ゲシュタルト崩壊を起こした後も、引き続きじーっと「カレーパン」の文字を見続けましょう。だんだん、自分が何をしているのかすらわからなくなります。どうしてカレーパンを見つめ続けているのか、自分への問いかけに対して、答えが見つかるはずもなく、次第に精神崩壊に追い込まれます。カレーパンが!私の精神に襲いかかってくる!ギニャー!という、辛い状況になりますが、引き続きじーっと「カレーパン」の文字を見続けましょう。

「あンた!働きもせずにいつまでカレーパンをみているンだい!」

「うえーん!お父ちゃん!お父ちゃーん!」

妻と子どもが泣き、喚き、叫び、阿鼻叫喚の地獄絵図。家庭崩壊です。離婚届が空を舞い、実家に帰る妻と子ども。無断欠勤から懲戒免職となり、人生そのものが崩壊します。どうしようもなくなりますが、引き続きじーっと「カレーパン」の文字を見続けましょう。

太陽の寿命は100億年と言われています。太陽が生まれてから今で45億年、55億年の後には寿命が尽き、どんどん膨張を続けていく太陽に飲まれるように、地球も終焉を迎えます。世界の崩壊です。カレーパンを見続けることで、世界までもが崩壊してしまうのです。

そうなる前にカレーパンを食べましょう。

© 2016 ぐわぐわ団