読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

『わたくしだから改』をオススメ!

わたくしの年金手帳、どこにいったのかしら?

そんな疑念が私の頭をよぎり、エアコンのない恐怖の物置部屋でべしょべしょの汗だくになりながら、年金手帳を探しておりました。別に今すぐに必要というわけでもありません。なくなったらなくなったでなんとかなるぐらいのものなんですが、なんとなくなかったらいやだなぁと思ってしまったので、わずかな記憶を手掛かりに、地獄サウナみたいな物置部屋でモノ探し。冬のうちに探しておけばよかったと後悔しつつ、結局物置部屋にある物置の一番奥の開かずのダンボール箱の中から、年金手帳は発見されたのです。めでたしめでたし。

それはそうと、開かずのダンボールの中にはいろいろと愉快なモノが入っていまして、私のフェイバリットブックのうちの一つである「わたくしだから改」も見つかりました。

わたくしだから改 (集英社文庫)

わたくしだから改 (集英社文庫)

 

 突如としてフェイバリットブックなんて口にもしたことないような英語を使ってしまいましたが、この本も読んで楽しい文章です。筋肉少女帯のボーカル・大槻ケンヂののほほんエッセイというか、大槻ケンヂの本の中でも特にこってりと笑わせようとしているのがわかる本で、私の文章のお手本みたいなところがあります。

夏目漱石や森鴎外の文章をお手本にすれば、品格のあるブログになるのかもしれませんが、とにかく読んでもらった方に楽しんでもらってなんぼだと考えているので、波の立たない普通の文章が続いてくると、途中で「パンパカパーン!今週のハイライト!」みたいなどうでもいいネタで無理矢理にでも笑いを取ろうとするクセをなんとかしたいと思ったりするわけです。漫画トリオのネタなんて、誰が知っているんだろう、逆に不安になります。

それはそうと、大槻ケンヂの「わたくしだから改」ですが、一番最初の『アホが漠然と人生を悩んでいる』という、卒業文集を引っ張り出して、いちいちツッコミを入れていく話が大好きだったりします。何回読んだかわかりません。紙が磨り減ってしまってしまうのではないかと心配になるぐらい。

こういう本をお手本にして、私の文章ができあがっているのです。ちなみに「わたしくだから改」は中古なら1円+送料で買うことができます。258円で、ぎょんぎょんに楽しめますので、笑いに飢えているのであれば、オススメさせていただきます。

パンパカパーン!今週のハイライト!って、やっぱりわからないですよね……

(C) 2016 ぐわぐわ団