ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

100万光年早い文章

♪昨日 今日 明日

♪崩れゆくわ〜たし〜

IMG

と、よくわからない歌い出しで申し訳ありません。負けいくさの時間です。午後9時に毎日毎日、雨の日も、風の日も、どんな時でも一生懸命コツコツと、ヘレンと一緒に更新しております。みなさまのおかげです、ほんまありがとうございます。って、ヘレンと一緒になんて更新してません。筆が滑りました。

パソコンを使っているのに、筆が滑ることもないんですけど、他にどういう言い回しを使えばよろしいのでしょう。じっくり考えてみましょう。キーボードが滑る、指が滑る、いまいちしっくりきません。変換がおかしい、バグった、想定外だ、STAP細胞はあります、いろいろと理由をつけてしまえばそれまでですが、人のせいにするとはどういうことだと問いたださなければなりません。旬はとうに過ぎたというのに、STAP細胞大好きなんですよ。ちょいちょい挟まなければ気がすまなくなっています。特に、今回みたいにどうでもいい文章でもって荒れまくっている時なんかに、端々に好きなものがどんどん入ってきたりするわけです。

座右の銘にしてしまってもいいかなと思える言葉があります。大仁田厚と喧々諤々にやりあった悪役プロレスラー、ミスター・ポーゴの「オレ様に刃向かうのは100万光年早いんだよ。」という言葉。元来、私は争いが嫌いな性分で、競争なんてのは大嫌いで、勝負しなくてもいいのなら早々に土俵から降りて枡席に座ってお弁当をいただきたい人なのですが、人生は長いので、どうしても勝負せねばならんときがくるかもしれません。その時こそ、軽く相手をあしらって、しかし圧倒的な差を見せてから「オレ様に刃向かうのは100万光年早いんだよ。」と捨て台詞を吐いてみたいと思うのです。光年が時間ではなく距離の単位であるからこそ、この言葉の重みというものは、計り知れないものがあるのです。

さて、今回は特に何のことかさっぱりわからない文章をお届けしてしまっていますが、特にわけのわからないのが上の絵ですね。麦わら帽子を今から投げますよ、という絵です。ゴッホが描いたら数億円はくだらないと思うのですが、なにぶん私がiPadでもって、すらすらっと数十秒で描きあげた絵ですから、そんなに価値のある絵だとは思っていません。とはいえ、使わないのももったいない。ただ、それだけでなんとなくとりあえず一緒にアップしておいただけです。ですから、特に深い意味はありません。ぐわぐわ団の漫画もそうなんですが、まずは手が動くんですよ、それで後でどうしようとなるんです。下書きではなく、上書きからスタートするんですね。ですから、余計にわけがわからなくなることが多いんです。

こういうわけのわからん文章を書くのはとっても楽しいのです。原稿用紙3枚分なんて、本当にあっという間です。一応、文字の数も数えているんですよ。あんまり少なかったら、せっかく読んでいただいているみなさんに申し訳がないというか、せっかく読んでいただいている以上、せめて文字数だけでもサービスしておいたほうがよいのではないかという、そういうありがた迷惑なサービス精神でもって、皆々様の接待をしている気持ちで、全く意味のない文章が湧き上がってくるのです。

実は、負けいくさの文章ってのは、何度も繰り返して読み、いわゆる推敲という作業をそこそこ行っています。今回の文章はさすがにそんなことをしていては、全部削除となってしまいかねませんので、見直しもなくそのまま突き進みますが、いつも本当にありがとうございます。毎日午後9時は負けいくさタイムです。宜しくお願い致します。

© 2016 ぐわぐわ団