ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

因果応報

「因果応報」というものがあるのかどうか、とあるところで話題になっていたので、私もいろいろと考えていたのですが、根本的なところで勘違いしてましてね。何かというと、因果応報というのは、前世における行為の結果として現在における幸不幸があり、現世における行為の結果として来世における幸不幸が生じることを意味するのです。

IMG

本来の意味からすれば、例えば今、何かよいことをしたとしても、影響が出るのは来世なのです。かなりの善行を積んだとしても、来世がカエルであったとすれば、あんまり外敵のいない沼で生まれることができたことで因果応報を実感するとか、そういう話になるのです。

IMG

この前、仕事帰りに贅沢しまして、ラピートに乗ったんですよ。小腹を満たすための大富豪セット(写真参照、おにぎりはセールで100円でした)をお供に、よいこのおやすみCDを聴きながら、スーパーシートの幅のあるふかふかの椅子でゆったりと過ごす、実に素晴らしい移動だったわけですが、これこそ前世で千日回峰行を何度も達成したぐらいのすごい事をした結果ではないのかと思うのです。一日一善とかそんなレベルじゃなくて、一日万善でも足りない。私の前世が何だったのか知りませんが、たぶん大日如来ぐらいだったんじゃないでしょうか。それでなけりゃ、ラピートに乗ってこんな贅沢、できるわけがありません。

しかしながら、現世で善行を積んでいるわけでもなく、前世の善行を消費しまくっているので、来世は砂漠に住むカエルになるかもしれませんし、極寒の地に住むカエルになるかもしれません。せめて、暖かいところに住む猫になれればそれで十分なのですが、今から千日回峰行をするのも大変なので、来世は来世で頑張ってもらいたいと思います。

因果応報って、こういうことでいいんですか……?

© 2016 ぐわぐわ団