ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

権利・保証ナシ・日払可

新今宮駅の北にあるどデカい空き地に高級リゾートホテルが建つという話題でもちきりになっています。この記事もご多聞の漏れず予約投稿であり、記事が投稿されるころには「そんな話あったっけ?」「星野リゾートじゃなくて、大隅リゾートの間違いだった。」「馬渕生活館の建て替えの話が回り回っておかしくなった。」という程度の与太話になっている可能性も否定できません。

www.hoshinoresort.com

f:id:make_usagi:20170316200334j:image

撮りたてホヤホヤの建設予定地の写真です。

それはそうとしてこの案件、エイプリルフール用の記事のつもりが、広報担当者がうっかりリリースしてしまい、もはや後に引けなくなったのかもしれません。今なら気の早いエイプリルフールでしたと発表しても、大阪に住む人の百人中百人が「そりゃそうだ。」と納得して終わる話ではないかなと思います。

高級リゾートホテルの横に「権利・保証ナシ・日払可」と大きく書かれたアパートが目に入るというのはやっぱりどう考えてもどうかと思います。

建設予定地がもんにょり。そして、今でこそ、通天閣そびえる新世界も観光地っぽくなってきて、殺伐とした雰囲気もかなり和らいでいますが、もともとはエグい地域だったのです。デートで新世界に行くなんてありえなかったのです。若い女性は一人もいないし、どんよりしたおっさんがそこかしこでべろんべろんになって倒れているようなところだったのです。

そんなどんよりした新世界だったころ、私の所属していた大学のサークルが、とにかく安くお酒が飲めるという理由で、新世界で飲み会を開催するのです。何が何だかよくわからない日本酒らしきお酒を2合頼むと、なぜか1合おまけでついてくるお店で、もともとお酒に強くないのに、2合頼んだら1合ついてくるわけですから、そりゃあもうべろんべろんになるわけです。そしたら隣に座っていた「俺はもともと吉本の芸人だった!芸名はなんちゃらすずめだ!」と叫ぶ、素性の知れないおっさんに「お前はおもろいやっちゃ!」と見初められてしまい、「よっしゃ!酒奢ったる!」と言われて、2合お酒を奢ってもらったのですが、もちろんおまけで1合ついてくるわけです。奢られた以上、飲まないわけにもいかず、べろんべろんどころの騒ぎではなくなるのです。あの元吉本芸人は今、どうしているのでしょう。

話を戻しますが、JR新今宮駅から見える「権利・保証ナシ・日払可」と大きく書かれた看板を擁するアパート大隅は、かなりのぐわっとする物件ですので、大阪に来られた時にはぜひごらんください。

手慰みに作ってしまった画像です。合掌。

早く退位させてあげてください

ビジネスの世界において、話題にしてはいけない3つのタブーと言えば「政治、宗教、野球」というのがよく知られています。居酒屋で話題にしてはいけないだったかな、そのへんは適当に聞き流して頂ければ結構です。ブログの世界においても「政治、宗教、野球」の話題は……野球は別に問題ないですね、適当なことを言ってしまうところでした。とはいえ、政治や宗教の話を取り上げるのはなかなか難しいことなのです。ぐわぐわ団は、右翼でも左翼でもなくぼんじりであると前々から申し上げておりますが、ぼんじりだからといって、政治的なことをじゃじゃーん!と申し上げるのは気がひけるというか、下手にじゃじゃーん!と申し上げるとオピニオン記事っぽくなってしまい、なんていうか、上手にしないとジャイアン・リサイタルみたいになってしまったりするんですよね。もしくは、ジャスコの簡易ステージで繰り広げられる名も知られていないデビューしたての演歌歌手のミニコンサート&サイン会。これは実にしんどいことです。とはいえ、ジャスコでの営業の積み重ねがおじいさん、おばあさんのファン獲得につながり、いつかは紅白歌合戦出場へと結びついていくのです。一度、紅白歌合戦に出れば、後は「紅白に出た歌手」として、温泉旅館などからひっぱりだことなり、カラオケでじゃんじゃか歌われるようになれば、あとは不労所得がJASRACからじゃんじゃかお財布に流れ込んでくるのです。何の話をしているのか、これまたさっぱりわかりませんが、実にゲスい。

というわけで、いろいろみんな議論しすぎ。さっさと退位させてあげましょうよ。自分の祖父が80歳を超えて、世界各国に連れまわされて、晩餐会とか堅苦しい席に出席させられていると思うと、いたたまれなくなるでしょう。さすがに、ちょっとゆっくりさせてあげたくなるじゃないですか。それが人間の情というものです。特別法でも恒久法でもなんでも結構です。そんなことは後から何とでもなるのです。それより、今まで頑張ってこられたのですから、ゆっくりさせてあげることが我々のできる恩返しですよ。そして、退位された暁には、後継者として私を指名して頂ければ、そりゃあもう頑張りますよ!たぶん、数日で「退位してぇ!」と叫ぶことになると思いますが、「退位してぇ!」と叫ぶその日まで頑張ります。

という、わけのわからない「やんごとなき人が退位した後に自分が後継者になる」というオチをつけてブログを書いている人がたぶんたくさんいるはずなのです。自分だけ面白いことを考えた!と思っても、同じことを考えている人が他に少なくとも70億人いるのです。よくよく考えてブログを書かないと、大変なことになります。気をつけてください。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団