読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

草むしりをしました

ぐわぐわした話題

花壇に雑草が生えていたので、草むしりをしました。広い範囲に生えていたので面倒だなぁと思ってもんにょりしたのですが、引っ張ってみると一株の草だったので一気にずぽっと抜けてしまい、あまりの爽快感に草むしりが楽しくなりました。

とはいえ、このような記事を書くのは危険なことです。

「雑草という草はない。どんな草であっても、名前のある植物であり、頑張って生きているのだから、そんな草をむしるなんてとんでもない。」

「植物の種類によって差別するのか。差別するなんてひどい!」

「草の息の根を止めるなんて残虐なことは許されない!草むしりをする奴は全員即刻死刑にしろ!」

「草むしりをしました」と無邪気に記事にするだけで極悪非道の烙印を押され、ひどいことをする奴がいたもんだと言われるのです。ブログ界のミスター・ポーゴだと揶揄され、雑草差別だと誹謗中傷の雨あられ、それはもう、えらいことになります。

確かに、雑草だからむしってもよいというのは危険な思想です。役に立つのか、立たないのか、そんな二元論で物事が語れるほど、世の中は単純ではありません。雑草とよばれている草も、二酸化炭素を吸収し、酸素を吐き出します。私たちの生活になくてはならない存在であることも確かです。

もっというと、私たちの生活にとって有益か無益かなんて考えることも、それは人間の傲慢な考えでしかないのです。人間の存在に関係なく雑草は生きているのです。雑草が生きるために、二酸化炭素を吸収し、酸素を吐き出しているだけで、人間のためにそんなことをしているわけではありません。人間中心に物事を考えるなど、驕りでしかないのです。

ゴキブリを見ると「きゃー!」と言って大騒ぎするなんてのも、ゴキブリにとっては迷惑な話なのです。時と場合によっては、スリッパや新聞紙で叩きのめされるわけですから、迷惑どころの騒ぎではなく、ゴキブリにとって人間は害虫なのです。人類よりも先輩であるゴキブリが、なぜか後輩にいじめられているのです。そう考えると、我々はなんとも業の深い存在であると言えそうです。

このようなことを読んで、ニヨニヨできる人は大丈夫ですが、本気で「そうかもしれない……人間とは……」と考えてしまう人は要注意ですよ。だんだん、ごはんが食べられなくなりますからね、お米のひとつぶひとつぶが生命の結晶みたいに見えてきて、私は殺米者だ!と考え出して、えらいことになっちゃいますから。

草むしりは楽しいと思うぐらいで、深く考えないようにしたほうが良いのです。ていうか、仕事ですからね、生きるためには仕方がないのです。合掌。

33歳

普通の話題

センバツ高校野球大会が甲子園で行われています。当たり前のことですが、選手はみんな高校生です。場内アナウンスによる選手紹介は「1番センター◯◯くん、2番ショート◯△くん……」と、君付けでよばれます。突然「8番キャッチャー△△さん」と、さん付けをされたら面白かろうと想像して、ひとりニヨニヨしたりしますが、現実問題そのようなことはありえないと思います。落第に落第を重ねて、年齢はすでに33歳なのに高校生をしている人がいて、頑張って甲子園に出場したとしたら、それはさすがにさん付けでよんであげて欲しいです。

突然ですが、北朝鮮がミサイル撃ったりして、むちゃくちゃしてます。大陸間弾道ミサイルのエンジンの実験に成功した!と大々的に報道した直後に、ミサイル発射実験で大失敗して数秒で爆発させたり、体を張ったネタではなかろうか?と思うぐらいにむちゃくちゃなことをしています。森友学園ネタにかき消されてしまいましたが、兄貴を暗殺するとか、かなりのワイルドっぷりを発揮しています。

北朝鮮がどうとかこうとか、そんなややこしいことを記事にするつもりは毛頭ありませんのでご安心ください。そんなことより、1歳7ヶ月の姪っ子ちゃんが実家の愛犬をなでまわしながら「イーッヒッヒッヒ……」と言っているのを見るほうが楽しいのです。愛犬をぐりぐりなでまわしては「ヒーッヒッヒ……」「イーッヒッヒッヒ……」と言うので、姪っ子ちゃんの中で何かすごいことが起きているのかもしれません。実家の愛犬も姪っ子ちゃんにはかなわないと思っている様子でされるがまま、隙あらば逃げ出そうとするも、姪っ子ちゃんに隙がなく、なかなか逃げることもままなりません。

とはいえ、実家の愛犬ココちゃんと姪っ子ちゃんは仲良しですのでご安心ください。

先ほど書いたとおり、姪っ子ちゃんは1歳7ヶ月ですが、北朝鮮の金正恩は33歳です。意外と若いです。ていうか、むちゃくちゃ若い。アメリカのトランプ大統領が70歳ですから、干支でいうと3回りもトランプ大統領が上になります。いくら世襲だと言っても、なかなか33歳で国家元首にはなれません。若いのにご苦労なことです。

私自身、33歳でそんな立場になりたいかと言われれば、全力で拒否します。だって、大変ですよ。国家元首ですからね。兄貴ですら、ディズニーランドに行くのに失敗して、えらい騒ぎになるのに、国家元首ともなれば、ひらパーに行くのも実質的に無理なんですよ。本音で言うと、そんな立場になりたいわけがない。そのあたりを理解してあげたらよいのです。レオマワールドの無料招待券を贈れば、北朝鮮問題は解決するのです。レジャーは大西にまかせろ!大西さん、おまかせします!合掌。

www.newreomaworld.com

期待しない生き方

もんにょりした話題

自分の書いた記事に対して言及するという、よくわからないことをします。

gwgw.hatenablog.com

この記事において、感謝の気持ちを忘れないためにはどうすればよいかという答えとして、このように書きました。

ありがとうという感謝の気持ちを持ち続けるためにはどうすればいいのか、その方法は諸説あるかと思いますが、私が考える方法というのが「期待しない」です。

この「期待しない」という表現が「冷たい」と受け取られて、嫌悪感を示す人も少なからずいるのではないかと危惧していたのです。いきなり「危惧」とか言い出しましたが、難しい言葉を使いたい年頃なのです。普段の書き方であれば「ドキドキしていた」です。たまには知性の片鱗をひけらかしたいというのが正直なところですが、危惧でもドキドキでもべっちょべちょでもなんでも構いません。要するに、ドキドキしていたのです。ぐわぐわ団は冷酷な組織だ!冷凍庫のような組織だ!そんなブログを書いているまけもけというのは液体窒素レベルの低温人間だと揶揄されるのではないかと、これまた難しい言葉を使ってしまいましたが、たいへんドキドキしていたのです。

フタを開けてびっくりです。

横山弁護士のインパクトに全てを持っていかれて、「期待しない」という表現は目にも止まらぬ早業で投げる手裏剣ストライクだったのです。むりやりネタを入れようとするから、もはや文章がぐっだぐだです。ひどいもんだ。こんな文章を書いていて、芥川賞と直木賞、あわよくば大佛次郎賞も欲しいと、どの口が言うんだと。

「おさらぎじろうしょう」と読みます、大佛次郎賞。「だいぶつじろうしょう」ではありません。ありませんが、誰がどう読んでも「だいぶつじろうしょう」としか読めないでしょう。少なくとも私は大学を卒業する頃になっても、頭の中で大佛次郎を「だいぶつじろう」と読んでいましたし、それによってなんら支障はなく、日々の生活を営んできました。「だいぶつじろう」って面白いペンネームだな〜と思っていました。本名だったらどうしようと思って調べてみたら、本名は野尻清彦だそうです。Wikipediaで調べてみたのですが、とにかく「猫好き」だったようです。悪い人ではなさそうです。

話がどっかに行ってしまいましたが、とにもかくにも「期待しない」という書き方が、冷たい印象を与えるのではないかと思っていたわけですが、結局そういう声はどこからも聞こえることはなく、杞憂に過ぎなかったというわけです。

とりあえず、広告入れとこ。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団