ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

サンテクについて適当に語る

東芝が決算発表できないので、東証2部への降格が決定したとか。なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、要するに進学塾において宿題を提出しない子どもを特進コースから普通コースに落とす、みたいな感じですかね。お母ちゃんが怒鳴り込んでくるんですね、「うちのみつおがなんで普通コースになるんですか!」って。そうしたらぴしゃっと「宿題を提出しないからです。」と冷徹に言い渡すんですよ。そしたら、お母ちゃんは息子に向かって「みつおちゃん!」って叫ぶわけです。そんな姿がありありと思い浮かびませんか。浮かびませんね。でも、なんとなくこんな感じ。

東証2部だから悪いというわけではないんですよ。プロ野球で言うところのファームぐらいなので、実力はあるけれど規模が小さいとか、株主数が少ないとか、いろんな要素があるのです。そして、株式市場というのは東証以外にもいろんな種類があります。東証の中で言うと、JASDAQスタンダード、JASDAQグロース、マザーズ……思いつきで書いているので、ふと大証のヘラクレスはどうなったんだっけ?と思って、調べてみたところ、JASDAQに吸収されたようですね。

大証ヘラクレスといえば、サンライズ・テクノロジー(旧社名:プライムシステム)という、ものすごい会社があったんです。私も少しばかり売り買いして、損を出した記憶があります。というのも、ずーっと株価が1円。1円で買って、2円で売るとお金が倍になるという、あほでもわかる単純理論にみんなが群がり、証券会社のサーバーをパンクさせたり、大証のシステムをぶっ壊すなど、まあむちゃくちゃなことに。

サンテク*1の株数というのがこれまたすごくて、2004年10月時点で発行済み株式数が約68億689万株、トヨタの倍ほどの株数だったのです。でも、株価は1円。何を売買しているのかさっぱりわからなかったんじゃないかと思います。そしたら何を思ったのか「1000株を1株にまとめます!」って言い出して、1株=1円の株で、1000株を1株にまとめたら理論上は1株=1000円になるはずが、蓋を開けたら331円。1円だと思っていたものが、実は1円以下だったという。その後もすったもんだした挙句、結局上場廃止になるんですが、最後の株価は1円。見事なものです。

ライブドア事件でわーきゃー言っていたころの新興市場って魑魅魍魎の世界で、めっちょこ面白かったんですが、昔は良かったみたいなことを言い出しそうになって「やばい、なんかお年寄りみたいや……」と自分でツッコミをいれてしまいました。朝の5時前に目が覚めて、べよべよしていたんですが、とりあえずブログでも書こうと思いましてね、書いてたら「昔は楽しかった……」で終わるような感じになってしまい、高齢化社会の波には勝てないのではないかと思った次第です。よくわかりませんね。合掌。

*1:言うまでもなくサンライズ・テクノロジーのこと。旧社名の時の呼び名はプラシスであった。

ぐわぐわ団の缶バッジ

近鉄百貨店の中をぶらぶらしてたら突然声をかけられました。

「缶バッジを作るイベントに参加しませんか?」

「やります!」

言葉のキャッチボールに対して、豪速球を投げ返す感じというか、細かいところを完全にすっ飛ばして結論ぶちかますの、自分でもどうにかならんかなと思わなくもないのです。

この前も、心斎橋のApple Storeで、周りの人たちは店員さんに「これの性能は……」とか「こういうことをしたいんですが……」といろいろと相談して、店員さんが懇切丁寧にお答えされている中、アホの子みたいに、

「これください!」

ぎょぎょっとしますよね。

「じゃあ在庫があるかどうか確認を……」

「調べてます!あります!」

調査済みです。さすがにぎょぎょっとしますよね。

そういえば、郵便局で豆腐を買った時も、

「この豆腐……」

「買います!」

「え?いいんですか……」

本気で郵便局員さんがびっくりしてました。実は、順番待ちをしている間に、前の人が豆腐を勧められていて、もっちょりしていたわけです。話はだいたいその時に耳に入っていて、面白そうだな〜とは思っていたんですね。だから、声をかけてもらったら買おうと決めていたというのはあるんですが、もうちょっとコミュニケーションというものを大切にしたほうがええんじゃないかと思ったりもするのです。

駆け引きがない。

そう、駆け引きがないんです。中東の市場でモノを買うときは、1時間でも2時間でも値段交渉なりなんなりで駆け引きをすると聞きましたが、そんなもんをしている時間があれば「ノストラダムスの大予言」を読みたいんです。日々の生活でぼんわりしたい、べよべよしたいと言っているわりに、買い物だったり、物事を決めたりするのは一瞬で決めてしまうことがほんとに多い。後でもんもんとすることもあるんですけど、まぁ悩んでも仕方がないというか。

話を戻して、缶バッジの話。声をかけてくださった方がびっくりするぐらいの即答で参加の意思を表明し、相方と二人で缶バッジを作りました。ハルカス300のマスコットキャラクター「あべのべあ」の絵を描いて缶バッジを作ろう!という企画だったのです。もちろん、あべのべあも描きましたが、せっかくなのでぐわぐわ団のキャラクターもいろいろと描き添えて……

ホルベインアーチスト色鉛筆を使って描きました。24色セットで5,500円+税の高級色鉛筆です。久しぶりにアナログなお絵かきをしましたが、すごく楽しかったです。

イベントのスタッフさんに声をかけられました。

「子どもたちが遊んでいるんですね!」

「は……はい……」

やっぱりコミュニケーションを取るのは苦手です。合掌。

もしも魔法が使えたら

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

「アンドレ問題」をご存知でしょうか。実に深刻な問題です。ヅカファンにとって「アンドレ」とは、ベルサイユのばらの登場人物で、陰ながらオスカルを支えるめっちょこかっちょいい人です。一方、プロレスファンにとって「アンドレ」とは、言わずもがなアンドレ・ザ・ジャイアントのことです。身長223cmある巨人で、車で800km移動する間に缶ビールを118本飲み、到着後更に5ガロンのワインを飲み干したという酒豪エピソードには事欠かない素敵レスラーです。指が太すぎて電話がかけられなかったという話も聞いたことがあります。前田日明とのガチンコ試合でリングの上で大の字になって試合放棄をしたとか、とにもかくにもアンドレ・ザ・ジャイアントについて語り出したらとまりません。

話はそれますが、私のフェイバリットレスラーであったミスター・ポーゴが亡くなりました。実に残念なことです。一度、お会いしたかった。極悪大王とよばれ、火を吹き、鎖鎌を振り回す悪役レスラーだったのですが、実はめっちょいい人だっという一面もあり、万障繰り合わせて一度お会いしたかったです。そして、実際に戦っているところを見たかったです。ほんと、死ぬなんて100万光年早いですよ、ポーゴさん。

さて、話を戻しますが、ヅカファンにとっての「アンドレ」と、プロレスファンにとっての「アンドレ」は、どちらも愛すべきキャラクターであるのですが、残念ながら全く水と油です。

「アンドレ、かっこいいよね〜!」

「むちゃくちゃお酒飲んでたらしいね!」

「最後、銃で撃たれてオスカルを探しながら倒れるところとかもう!」

「え?酒の飲み過ぎで急性心不全で亡くなったんじゃなかったっけ……」

ヅカファンとプロレスファンがアンドレをテーマに話し合いをしたら、こんな感じで全くもってかみ合いません。

もしも魔法が使えたら、私はそんなヅカファンとプロレスファンの架け橋として、アンドレ問題を解決するような魔法を使いたいと思います。ヅカファンもプロレスファンもニコニコして楽しくお話ができるように、アンドレを魔法で……

 

 

よくわからんけど、殺されるかもしれませんね。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団