ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

ねとねと大会

先日、プールに行ってべよべよとしてきた帰り道、大阪市営地下鉄御堂筋線の車内、私の目の前で若人によるねとねと大会が始まりました。正直なところ、あまり興味もございませんが、そんな私に構うことなく、指を絡ませくんずほぐれつ、若人二人がねとねとねとねとしまくるわけです。地下鉄ですし、冷房も効いておりますので、そんなに暑苦しいものではありませんが、ねとねとするのは勘弁してもらいたいのです。

しかしながら、目の前でねとねとすることに勘弁してもらいたいという気持ちはどこから生まれるものなのでしょうか。別にこちらに直接的な影響があるわけではありません。うらやましいとか、そういう気持ちがあるわけでもありません。電車という公共の場でねとねとすることが道徳的によくないことであるというのも、あまり説得力がある話ではありません。そもそも、道徳的によくないのかどうか、わかりません。大阪に住んでいた人はおわかりかと思いますが、道徳の教科書「にんげん」には、電車の中でねとねとしてはいけません、などという記述はありませんでした。なんか、差別がどうとか、そういうこってりしたことばっかり書かれていた「にんげん」、いろいろややこしいので、これ以上は語りません。とりあえず、表紙が気持ち悪くて、ランドセルに入れるのがイヤでした。これ以上は本気でレッドラインですので、もう語りません。

道徳的にダメであると言えない以上、もはや、ねとねとを止める術はありません。老若男女、誰でも好き放題ねとねとしまくりです。ただし、相手がいないとどうしようもありません。ひとりでねとねとするのも結構ですが、それはあまり推奨できるものではありません。

推奨できないと言いながらも、どこかでひとりねとねと大会を繰り広げられる光景を見てみたいと思う自分もいるのですが、それはもう、どうしましょう。ひとりねとねと大会って一体どのようなものなのか。ただし、下品なものは許しません。ギリギリなんとか見ても許される範囲で頑張ってもらいたいと思います。

それはそうと、ねっとりねとねと関連で、前に描いた4コママンガを再掲することに致しましょう。なんでやねんと思われるかもしれませんが、自分自身なんでやねんと思います。

前にも載せましたが、私のお気に入りの4コマ漫画です。

何がどうというわけではありませんが、なんとなくお気に入りなのです。ぐわぐわ団はこのようなブログです。よろしくお願い申し上げます。合掌。

できるビジネスマンに贈る、役に立たない3つの知識

日曜日です。もうすぐ12時になろうとしています。できるビジネスマンは、今から月曜日に向けて仕事の準備に取り掛かる頃です。そんなできるビジネスマンを応援するために「できるビジネスマンに贈る、役に立たない3つの知識」と題しまして、仕事をするうえでちっとも役に立たないことを3つ、ぐわぐわ団よりお贈りさせていただきます。遠慮はいりません。どうせ役に立ちませんから。

  1. そうめんをゆでると熱い……「今日は暑いからそうめんにしよう!」なんて言い出す人がいますが「じゃあ、おまえがゆでろ!」と言い返しましょう。そうめんは冷たいなんてのは、作り手からすれば「どの口がそんなコトを言うのか!」と言いたくなるのです。お湯をぐらぐらと沸かして、湯気がどばーっと出まくる鍋を目の前にして、そうめんをゆでて、それを流水で冷やして、氷でしめて、冷たいそうめんができるまでの間に、どれだけ熱い作業をせねばならんのか、それを理解していれば「今日は暑いからそうめんにしよう!」なんて軽々しく言えるわけはないのです。下手すると「そうめ」と3文字口にしただけで離婚の危機ですよ。それぐらい、そうめんというのは地獄の皇太子なのです。合わせて言っておきますが、ざるそばも同じです。ざるそばも作るのは大変なのです。お湯をぐらぐらと沸かして、湯気がどんどこ出てくる鍋を前にして、そりゃあもう汗かきまくりですよ。ゆでるというのはとことん熱いのです。そうめんが出てくるというのは、そういう苦労や努力の賜物であり、感謝してもし尽くせないほどありがたいことです。千日回峰を満行するぐらいの大変さだということを理解したうえで、それでも、そうめんが食べたいのであれば自分でゆでましょう。
  2. そうめんつゆは創味のそうめんつゆがオススメ!
  3. 特にありません。

こんな感じです。合掌。

<広告>

【素敵ブログ紹介】とにかく後輩のまるちゃんがかわいい

くま吉さんのブログ「くま吉のトコトコ絵日記」を最初から全読みしました。イラストが全て手描きという素敵ブログで、前々からすごく気になっていたので、一気にびゃーっと。そしたら、手描きの理由もきちんと書かれていました。ブログを始めたときにくま吉さんの手元にあったのが……

YouTubeもamazonも見られないような古いmacと、 わら半紙とペン、スマホ。

笑っちゃいけないのかもしれませんが、わら半紙で吹き出しました。

……とはいえ、わら半紙って実は今、なかなか手に入りません。私が小学生の頃はプリント=わら半紙で、白い上質紙なんてのは値段もお高くて「白い紙など贅沢や!」という雰囲気だったのです。プリントを印刷するのもガリバンという、ナウなヤングは「なにそれ?」みたいな印刷機を使っていました。でも今やコピー機がどこにでもあり、上質紙も安くなり、ガリバンなんて逆にコストがかかるという状況。わら半紙はコピー機で使うと目詰まりを起こして故障の原因になるので使えなくなり、知らず知らずのうちに私たちの前から姿を消してしまったのですが、くま吉さんのお家には大事に置いてあったということでしょう。素晴らしいことです。

ちなみに、わら半紙はお菓子作りの現場では今でも大活躍しています。めでたい。

わら半紙の話はともかく、デジタル全盛期の今、手描きで勝負されているくま吉さんのイラストがとても素敵なのです。ぐわぐわ団はiPadを使って四コマ漫画を5分そこらで殴り描きしてお茶を濁しまくっている次第ですが、これはデジタルだからこそ成せる技。手描きだとそうはいきますまい。ものすごく手間がかかっていると思います。

そんな「くま吉のトコトコ絵日記」、お給料が16円だったり、ウクレレで楽しそうだったり、楽しい(?)話がたくさんあるのですが、特にお気に入りなのが「仕事中に眠い後輩の悩みどころ」という記事。この記事に出てくる後輩のまるちゃんがめっちょこかわいいので、ついついまねっこしてお絵描きしてしまいました。

実際に記事を見てもらうとわかりますが、絶対にアナログオリジナルのほうがかわいいです。そして、記事の最後の……

そして、可愛いまるちゃんが退社するときに、 こんな絵をプレゼントさせていただきました。

で掲載されている絵がこれまためっちょこかわいいの。これはもう、是非是非ご覧頂き、まるちゃんのファンになってください。そしてくま吉さん、まるちゃんをもっと描いてください。 というムチャなお願いで締めくくります。合掌。

▼とにかく後輩のまるちゃんがかわいい記事▼

tocotocokumachan.hatenablog.com

▼後輩のまるちゃんとぐわぐわ団のコラボレーション!▼

tocotocokumachan.hatenablog.com

雲竜型がよいのか、不知火型がよいのか、悩める子羊に愛のムチ

昨日は、天下一品のラーメンのスープは「こってり」がよいのか、「あっさり」がよいのかを深く掘り下げて検証致しました。本日は、天下一品のラーメンのスープを選ぶよりも難しい問題、土俵入りは雲竜型がよいのか、不知火型がよいのか、です。

天下一品のラーメンのスープの場合であれば、「あっさり」を選んだけれど、やはり「こってり」がよかった……と思った場合、次にリベンジできます。言うなれば、やり直しができるのです。これから死ぬまで「こってり」を選べば「こってり」オンリー、「あっさり」を選べば「あっさり」オンリーだ!という選択であれば、死ぬほど悩んでぎゅんぎゅんすると思うのですが、天下一品はそこまでハードな決断を求めているわけではありません。今から食べるラーメンを「こってり」にするのか、「あっさり」にするのかだけを問うているのであり、次をどうするのか、将来はどうするのか、最後の晩餐をどうするのか、そこまで天下一品は聞いてこないのです。ですので、その都度選んでいけばよいのです。実にありがたいことです。

一方、土俵入りの型は一度選ぶと変更することはできません。今日は雲竜型、明日は不知火型みたいな優柔不断は許されません。最初に選んだ型を最後まで貫かなければならないのです。天下一品のラーメンのスープのように、今日は「あっさり」、明日は「こってり」なんてことはできません。そして「屋台の味」みたいな、「あっさり」と「こってり」の中間みたいなものもありません。「不知竜型」なんて聞いたことがありません。竜を知らない型ってそもそもどんな型だと想像するだに恐ろしい。

というわけで、雲竜型か、不知火型かを選ぶのは究極の選択なのです。土俵入りは横綱だけの話と鷹をくくってはいけません。鷹をくくるほうが難しいかも知れませんが、それだけ難しいということが言いたいのです。本来「鷹を括る」ではなく「高を括る」です。話を本筋に戻しますが、要するにあなたもいつか横綱として土俵入りを奉納せねばならない時がくるかもしれないということなのです。可能性はゼロではありません。突然、「横綱として全会一致で推挙されました!」と日本相撲協会から連絡が入ってくる可能性もあるのです。そんな時に、雲竜型にしようか、それとも不知火型にしようかと考え始めていては遅すぎるのです。

あなたの土俵入りは雲竜型ですか?それとも不知火型ですか?後悔しないように、しっかりと決めておきましょう。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団