ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

悪代官だから悪い人とは限らない

私たちは無意識のうちに先入観にとらわれてしまい、間違った判断をしてしまうことがあります。タイトルにも書きましたが、悪代官だからと言って、心まで歪んでいる人ばかりとは限りません。純粋な心を持った、心優しき悪代官もいるのです。悪代官だから悪い人、という先入観を持ってはいけないのです。

例えば、越後屋に便宜を図った見返りとして、黄金色のまんじゅうをもらった悪代官がいるとします。黄金色のまんじゅうとは、ぶっちゃけていうと現金であり、賄賂です。自分の立場を利用して私腹を肥やすわけですから、なかなかの悪代官っぷりと言えるでしょう。しかしこの悪代官、黄金色のまんじゅうでもって、匿名でランドセルを寄付していたとしたらどうでしょうか。一時期、世の中を賑わせた「タイガーマスク運動」のようなことを江戸時代にこっそりとしていた悪代官、この悪代官は心優しき悪代官と言えませんか?

さあ、与太話もだんだん佳境に入ってまいります。

悪代官だから悪い人とは限らないのです。家に帰ったら、子どもの面倒を良くみるイクメンの素敵パパかもしれません。日曜日にはボランティアで老人ホームに慰問活動をして回るかもしれません。悪代官だから悪い奴だ、悪代官だから強欲でひどい奴だ、こんな先入観がついてまわってしまっていますが、悪代官だからといって差別するのは職業差別です。よくありませんね。

越後屋からの賄賂を全額、日本ユニセフ協会に寄付している悪代官もいるのです。とりあえず、私が勝手にそういう悪代官がいるということにしてしまいました。悪いのは越後屋ですが、越後屋も実は図書館に本を寄付しているかもしれませんし、地域のために世話を焼いているかもしれません。越後屋だからといって悪い奴だと決めつけて差別するのも職業差別です。よくないことです。

私たちがするべきことは、悪代官や越後屋といった悪そうな人を前にしたとき、フラットな心で接するようにすることです。悪代官だから悪いとは限らないし、もしかしたらものすごくいい人かもしれないのです。

そもそも、代官に「悪」がしっくりくるのが悪いのです。悪大名、悪将軍、悪旗本、悪農民、どれもこれもしっくりこなさすぎて残念です。悪将軍なんて、どう考えても悪魔将軍の魔が抜けた、まぬけの悪魔将軍でしかありません。そんな残念な悪将軍より、やはり悪と言えば代官です。東京に代官山という地名がありますが、悪代官山でもギリギリセーフでしょう。おしまい。合掌。

ジャーマンスープレックスとドラゴンスープレックスの違い

おとなんさんのブログ『おとなんつづり』の記事「馬鹿になれ!華麗なる脳内ジャーマン・スープレックス・ホールド」で、ヨガのポーズの話からなぜかプロレスの話になってて、記事全体に溢れるプロレス愛にニヨニヨしていたのです。

私もプロレスが大好きなので、もう嬉しくて嬉しくて。

記事の中に出ていたタイガー・ジェット・シン、私の一番大好きなプロレスラーです。サーベル持って大暴れ、でも小突くのは持つところで相手に怪我させないように注意深く、猪木を街中で襲ったりもしつつ、実はインテリ、めっちょすごい実業家。これ以上ないというぐらいにすごいキャラクターなのです。絶対勝てる気がしない。

プロレスについて語りだしたら、本気で止まりません。特に、ミスター・ポーゴの話をさせたらヤバいです。100万光年は語ります。『ジャイアント台風』というジャイアント馬場の漫画の話をさせたら5時間程度語ります。それぐらいヤバいです。とにかく、いろいろとプロレスはヤバいのです。

マスクドニシオカさんが「ファイプロワールドが楽しすぎて、もはや仕事みたいになっている」ようで、プロレスゲームにどハマりされていますが、私もプロレスゲームに手を出したら最後、廃人になるのが目に見えているのです。ヤバすぎてヤバい。手を出せない。パソコンがMacでよかったのかもしれない。それぐらいヤバいのです。

というわけで、他の人にはなかなか伝わらないであろうプロレス愛を一通り語ったところで、ひとつだけ!ほんのひとつだけ!おとなんさんのブログで気になるところがあったので、記事にさせてもらいました。ジャーマンスープレックスの関する記述のところです。

後ろから相手の腰に腕を回し、クラッチ(挟み込み技のこと)したまま後ろに反り投げつつ、相手のクラッチを離さない。そのまま固めてフォールするというもの。 ドラゴン・スープレックスとも呼ばれていましたね。見てもお分りのようにかなり危険な技なので、一時封印されていたこともあったんですよ。見てるだけで手に汗が出る技のひとつです。しかし何と美しい技でしょう!

本当に申し訳ありません!ジャーマンスープレックスとドラゴンスープレックスは別物なんです。

相手の腕の位置によって、ジャーマンスープレックスか、タイガースープレックスか、それともドラゴンスープレックスか、はっきりとした違いがあるのです。細かいことを言っているようですが、ジャーマンスープレックスは腕が動きますが、タイガースープレックスやドラゴンスープレックスは腕が固定されているので、受け身がとれないのです。腕を固定したままのジャーマンスープレックスというのもあるのですが、それはダルマ式ジャーマンスープレックスと言います。これも受け身がとれないのでヤバい。

本当にもう、普通に生活している以上、絶対に役に立たない知識なのですが、ついつい言いたくなって仕方がなくなって記事にしてしまいました。実はジャーマンスープレックスにもいろんな種類があるのですが、そこまで言いだすと本気でドン引きされそうなので、今回はジャーマンスープレックスとドラゴンスープレックスの違いだけでもぜひ覚えて頂ければと思います。合掌。

▼プロレス好き必見!おとなんさんの記事はこちら▼

www.otonan.com

自己皇帝感はとっても大切!

私は皇帝である!

と思うのはとても大切なことです。皇帝でなければなりません。王様でもダメ、大名でもダメ、もちろん将軍でもダメです。総書記などダメダメです。皇帝こそ全てです。私は皇帝である、という自己皇帝感を持つことが生活を豊かにし、ポジティブに生きる糧となるのです。

靴のセールスマンがアフリカ大陸に行った時の話をご存知でしょうか?

セールスマンの一人は誰も靴を履いていないのを見て「ダメです!誰も靴を履いていません!」とネガティブに連絡をしてきたのに対し、もう一人のセールスマンは「すごいです!誰も靴を履いていません!」とめっちょポジティブに連絡をしてきたと言います。どっちもどっちです。ていうか、どっちでもいいです。

私が言いたいのはポジティブは度が過ぎると怖いということです。

靴のセールスマンがアフリカ大陸に行った話ですが、ポジティブな連絡をしてきたセールスマンは確かにポジティブなのですが、レベル的には大名ぐらいのレベルで、決して皇帝レベルではありません。

皇帝レベルになると、こうなります。

「Year!アフリカ人は靴を履いてない!これは感謝!父に感謝!母に感謝!全てに感謝!ヨー!ヨー!」とポジティブがラップになって、「俺はラッパーになれる!」ってなって、突然ラッパーになる宣言をすることになります。

一人ぐらいこんな人がいても別になんてことはないのですが、みんなすごくポジティブになったらどうなるでしょう。パン屋さんも明日からラッパー、駅員さんも明日からラッパー、猫も杓子もラッパーになるんですよ。みんな、父に感謝、母に感謝するんです。親に感謝することになんら問題はないですし、どちらかといえば素晴らしいことなのですが、みんながみんな、感謝しまくってもどうしようもありません。パンを焼く人もいなくなれば、駅を見守る人もいなくなって、みんなラッパーになるのです。そんな世の中になってしまうのです。

自己皇帝感を大切にするというのは、すなわちこういうラッパーな未来が待っているということに他なりません。市民会館は常にラッパーの公演で埋め尽くされ、高校野球をする球児もいなくなり、それはそれで関西でプリキュアが見られるからいいじゃないかと思ったのですが、プリキュアを作ってくれている人たちもみんなラッパーになるのでプリキュアそのものがなくなります。これはいけませんね。

要するに、勢いでなんとなく記事を書くとこんなことになるのです。我ながらひどい。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団