読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐわぐわ団

ぐわぐわしたり、もんにょりしたり

【ネタバレ注意】哭きの竜 ジェネシス

一日に何度更新するんだ!とお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回ばかりはテンション上がりまくりで、こりゃもう書かずには寝られません!ってぐらいに、くわーっとなっちゃってますので、キーボードガンガンに叩きまくりです。何をそんなにってタイトル見ればわかると思いますが「哭きの竜 ジェネシス」です!セブンイレブンに4冊も並んでて、「哭きの竜」大好きな私がそんなの手に取らないわけがないのです。nanacoでピッと支払って、むしゃぶるように読みましたね。

「哭きの竜」というのは、竜が麻雀を打つ間にヤクザがドンパチやらかしてどーん!って感じの漫画です。これまた私の大好きな本宮春樹というヤクザがいましてね、1人敵の本拠地に乗り込んで、鉄砲片手にうおー!って叫びながら突っ込んでいくんですが、そりゃもう当然のように蜂の巣にされるんですよ。どさっと倒れて。そんでもって死んだと思ってたら、突然息を吹き返して、相手の親分に一撃与えるわけですね。それで息絶えると。もう、なんのこっちゃかわかりませんよね。それぐらい好きなんですよ、本宮春樹、そして哭きの竜が。

そんな「哭きの竜」の最新作ですよ!暴対法が施行されてもはや虫の息のヤクザが、実は元気に頑張ってます!って漫画です。甲斐正三の息子、甲斐正太がこれまたシビれるんですよ。「暴対法が施行されてから、わしら極道はなにかと肩身の狭い思いをしとる……」「今や大企業の……政治家どもの使い捨ての道具になり下がっとる。」とか、川辺で竜に話しかけるんですよ。切ないですよ、このシーン。ヤクザ、頑張れ!って、漫画だからついつい応援したくなるんですよ。もう、わけがわかりませんね。

いやいや、この漫画、このように涙なしには語れない切ないシーンもあるのですが、それよりなにより、トンデモない展開で頭がついていかなくなります。ネタバレしますがよござんすね。たぶん、ぐわぐわ団の読者の方で「哭きの竜 ジェネシス」のネタバレしたからって怒り出す人はたぶんいないと思うんですよ。だから、書いてしまいますが、

総理大臣と麻雀って!

総理大臣と!

わけがわからんわ!

どういう展開やねん!

本気で死ぬかと思った。首相官邸地下4階に雀卓があるなんて初めて知りました。

哭きの竜に次があるなら、

アメリカの大統領と!

北朝鮮のボンボンと!

卓を囲んで「あンた、背中が煤けてるぜ。」とか、言い出しかねない。それぐらいに竜が出世しちゃった感じがします。世界の平和は竜の哭きにかかっている!なんてことになったらそれはそれでおもしろいけど……

すいません、感情に任せて、書き殴りました。合掌。

日清焼きそばU.F.O.のうつわ

正確には「日清焼そばプチU.F.O. ビッグ」の容器なんですけどね。

www.nissin.com

日清食品のエイプリルフールのネタだとばっかり思っていたのに、セブンイレブンに行ったら売ってるんですよ、このプチビッグ。イトーヨーカドーに行ったら山積みになっているんですよ、このプチビッグ。例えば深夜にノーマル(めん100g)を食べるのは時間的に背徳感を感じるけれども、プチ(めん50g)だとちょっと足らないかな〜っていう時、このプチビッグ(めん85g)の存在というのはものすごくものすごいのです。

真夜中にU.F.O.が食べたくなった時、「ノーマルのじゃないから、健康や体重にも気を使っているし、かといってちょっとしか食べられないなんてストレスを溜めるのもしんどいんだよなぁ〜」という、本気で誰も聞いていないであろう、どうしようもない自分で自分を言い聞かせるだけの言い訳をする時にぴったりなのです。

めん15gの差で、健康や体重に気を使っていると言い聞かせられる我が肉体に哀悼の意を表したくなります。いっそのことノーマルのを食べても、めん15gの差でしかないのです。でも、その差が積み重なると……と考えると、無慈悲なノーマル攻撃よりも、ほんのちょっと気を使ったプチビッグの攻撃のほうが、まだマシなのかもしれません。

ノーマルはダメだけど、プチビッグだからいいや!という言い訳ができる地獄の皇太子のような存在。日清は罪が深すぎます。

それはそうと、今回の話はプチビッグの話ではなく、食べ終わった後の容器のことなのです。立派なうつわです。海原雄山が「こんなうつわで食事ができるか!」と言ってぶん投げたとしても、ぽよんと跳ね返るだけで割れたりしません。また、美味しんぼネタかとげんなりされた方も多いかもしれませんが、これからもぐわぐわ団は初期の美味しんぼネタをどんどん投入していく所存であります。よろしくお願い申し上げます。いや、海原雄山は置いといて、U.F.O.の立派なうつわです。どうにか再利用はできないものかと悩んでいたのです。このうつわで鍋焼きうどんを作ろうかと思ったりしましたが、ガスコンロに直火で熱を加えたら、ぐにゃんぐにゃんになってエラいことになるのは目に見えています。グラタンを作ろうとホワイトソースを入れて、チーズを乗せて、オーブンに入れたら、これまたぐにゃんぐにゃんになってエラいことになるのは目に見えています。

「こんなうつわで食事ができるか!」と、ぶん投げたところでぽよんと跳ね返るだけなのです。素晴らしいうつわです。メルカリで売ろう。合掌。

ぐわぐわ団のPDCA

みなさんはPDCAサイクルという考え方をご存知でしょうか?ビジネスの場でよく使われる言葉です。wikiによる説明はこんな感じ。

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

例えば、コロッケを10個売るためのPDCAサイクルはこんな感じ。

P:コロッケ売り場に来るお客さんに試食をしてもらって、コロッケの美味しさを伝える。

D:100人に試食してもらって、10個売ることができました。

C:10人に1人は試食したら買ってくれるようです。

A:じゃあ、売上を倍にするため、次は200人に試食してもらおう!

だいたい、改善のところでアホになるので次が続きません。200人に試食ってどうすればいいんでしょう?と聞いたところで、「そこは根性やがな!」という話になり、結局のところ精神論に陥ってしまいます。

試食した10人のうち1人が買ってくれるのならば、5人に1人が買ってくれるようにするにはどうすればよいかというふうに話を進めたところで、ほとんどの場合が「そこは根性やがな!」という、どうしようもないところに着地してしまいます。

つまり、今のPDCAサイクルの考え方は間違っているのです。「いやいや、本当のPDCAを知らないからこんな結論になるんだ!きちんとPDCAを回していないからだ!」と意識高い系の人たちに怒られそうですが、間違っているという結論にしないと、この与太話にオチがつかないのです。結論ありきで話を書いているので、間違っていないと困るのです。本末転倒とはまさにこのことです。

そもそも、日曜日の昼下がりに、仕事絡みっぽい記事をアップして「うへぇ……ぐわぐわ団までPDCAかよ……」と、読者の方々をげんなりさせてどうするという気がしないでもないのですが、どうせ、ちびまる子ちゃん、サザエさん、そして女城主直虎の3連コンボで月曜日にお仕事いやーんになるのです。そのまた昔「女番長」という映画を観たことがあるのですが、おもしろかったです。その時は、「女番長」、千葉真一主演の映画、そして「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の3連コンボで映画を観たのですが、たいへんこってりした時間でした。

それはそうと、PDCAです。

ぽわぽわする→だらだらする→ちんたらする→あほになる、このサイクルを回すことで、世の中はとっても平和になります。実践しましょう。合掌。

(C) 2016 ぐわぐわ団